menu

伝統の味

こだわり・ゆらい

仙南亘理の地に根ざし創業百有余年、
豊かな自然の恵みを大切にしていきたいと私達は考えます。

笹かまの由来とは

蒲鉾の歴史は大変古く、平安時代にまでさかのぼりますが、 今日広く親しまれている「笹かま」の名前は、仙台伊達藩時代からになります。

当時は魚が大漁で取れ過ぎてしまうと、新鮮なうちに市場まで運びきることができませんでした。そこでこの魚を何とかしようと、浜の漁師がヒラメの肉をすり潰して串に刺し、 平たく形づくって焼いて食べたところ、これが大変にうまかった! それ以来、生の魚よりも保存がきき、おいしいということで、広く食べられるようになりました。

この形が手のひらに似ていることから「手のひらかまぼこ」、 また舌のような形だということで「べろかまぼこ」など、いろんな名前で呼ばれていましたが、今では「笹かまぼこ」で統一されています。これは笹の葉の形に似ている事と、伊達家の家紋"竹に雀"にちなんだ名前だそうです。

昔ながらの手焼きにこだわる

高級魚「ひらめ」のすり身を使用し製造工程の全てを手作業で造る、 伝統の技が冴える「炭火焼き笹かまぼこ」(手焼き)。

石臼で練り込まれ、魚の旨味を最大限に引き出したすり身を、 一枚一枚丁寧に手で形を整え、じっくりと炭火で焼かれた笹かまぼこは、表面はこんがり、そして中はふっくらしっとりと、 まさに極上の味わいです。

原料に限りがある為、一日の生産は数量限定となっておりますが、 ぜひ一度御賞味頂きたい逸品です。